初めて内視鏡を受ける方・ご検討中の方

初めて内視鏡検査を受ける場合、不安感や恐怖心を抱いている方も多いのではないでしょうか。
ここでは当院の検査の特徴と、検査までの流れをご紹介いたします。検査について事前に詳しく知っておくことで、恐怖心を取り除き、安心して内視鏡検査を受けて頂けるかと思います。

不安感・恐怖心

 

胃カメラ検査(上部消化管内視鏡検査)

胃カメラ検査(上部消化管内視鏡検査)とは胃カメラを口から挿入し、食道・胃・十二指腸の粘膜を肉眼的に観察する検査です。肉眼的な観察のほか、必要時は粘膜の生検(顕微鏡検査)をすることもすることも可能です。

胃カメラ検査
検査は5~10分で終了します。

 

当院内視鏡の特徴

「鎮痛・鎮静剤」を使った検査を行います

一人ひとりにあった量の鎮痛鎮静剤を使用し検査を行います。実際はウトウトするぐらいの鎮痛鎮静剤の量ですが熟練した内視鏡技術と丁寧な内視鏡操作で、ほとんどの方が検査中の事をあまり覚えていないか、なんとなくの記憶がある程度だったとおっしゃいます。検査後に声を掛けると、「もう検査終わったの?」や「今から検査?」や「こんな苦しくない検査は初めてです」という声を耳にします。
「ゲーゲーなるような苦しい内視鏡検査は行わない」のポリシーのもと多くの工夫を施しながら「楽で、苦痛の少ない内視鏡検査」にこだわっています。

点滴
点滴から、鎮痛・鎮静剤を注射します。
同意書を頂いています。

 

大腸カメラ検査

大腸を観察する場合には肛門から挿入する内視鏡を用います。 主に大腸粘膜を観察する「大腸内視鏡検査」が一般的ですが、場合によっては肛門鏡・直腸鏡も使用されます。 さらに、大腸内視鏡の鉗子口(かんしこう)を通じて様々な器具を用いることで、組織採取や、ポリープ切除などの処置も行えます。

大腸がんは、早期に発見できれば100%近く完治出来ます。ポリープのうちに除去できれば大腸がんを予防できます。定期的に内視鏡検査を行い、ポリープの切除を行いましょう。

大腸カメラ検査
検査は10~20分で終了します。

 

当院大腸カメラの特徴

「炭酸ガス送気装置」を導入しています

従来の大腸内視鏡検査では、空気を使用していましたが、 検査後に大腸内に充満した空気の影響で「お腹の張り」や「痛み」「違和感」などを伴うことが多くありました。このことが内視鏡検査が辛いというイメージにつながり敬遠されていた理由です。そこで当院では大腸カメラの際、空気の代わりに「炭酸ガス」を注入する装置を導入しています。「炭酸ガス」を使用することで、検査後の苦痛を大幅に軽減することが可能となります。
炭酸ガスは、空気に比べて腸管内で速やかに吸収される特性(空気のおよそ200倍)があります。つまり、腸内に長時間空気が残らないために「お腹の張り」「痛み」「違和感」を和らげる効果につながっているのです。そのため、体への負担が軽減し「以前より検査が楽になった」と多くの方に喜んでいただいています。

空気のおよそ200倍

鎮痛鎮静剤を使用するメリット
  • ウトウトと軽く眠った状態で内視鏡検査を受けることが可能となるため、圧迫感やお腹を突き上げられるような苦痛を感じることなく内視鏡検査を受けることができます。 苦しい内視鏡検査にならないため、急いだ流れ作業的な検査にならず、検査する医師も慌てて急ぐことなくきちんと詳細に観察することが可能となります。
  • 空気や炭酸ガスを十分に入れることが可能となるため、胃や大腸のヒダの間を十分に伸ばすことができ見逃しのないきちんとした検査を受けることができます。
鎮痛・鎮静剤を使用するデメリット
  • 鎮痛鎮静剤を使用するには呼吸管理など、全身状態のモニタリングが必要ため、鎮静剤を使用する内視鏡検査の経験が豊富で、熟練した技術と知識が必要不可欠です。
  • 内視鏡検査後に、鎮痛鎮静剤の効き目が切れるまで約1時間程度休息しなければならず、すぐに帰宅することができません。
  • 内視鏡検査を受けた当日は鎮痛鎮静剤の影響が残る可能性があるため、当日の車やバイク・自転車の運転は控えましょう。当日はご家族の送迎か公共交通機関を利用しましょう!

 

検査までの流れ

電話で予約

予約電話(097)543-5001

  • 検査内容を決める(胃のみ・大腸のみ・胃大腸の両方のいずれか)
  • 電話にて検査希望日を伝える

事前診察
(大腸カメラ検査を受ける方)

  • 大腸カメラ検査を受ける方は、検査前日までに必ずご来院頂き、診察と検査説明を受けてください。ご自宅で下剤を飲まれる方は、事前の検査説明時にお渡しします。
  • 胃カメラのみの方は、検査当日の来院となります。

検査前日の準備

  • 胃カメラ検査の方は夕食を20:00までに済ませてください。
  • 大腸カメラ検査の方は19:00までに検査食を済ませてください。

検査日

  • 胃カメラ検査の方は、診察を受けて検査開始です。
  • 大腸カメラ検査の方は、当日朝より下剤を服用し準備の出来た方より検査開始です。下剤は朝、来院し服用します。(個室トイレ付)
  • また、ご自宅での服用もできます。準備が出来次第、来院し検査となります。

 

早期発見・早期治療で毎日の安全を手に入れるために、内視鏡検査は定期的に受けましょう!

内視鏡検査は定期的に受けましょう

 

ご予約・お問い合わせはこちらTEL:097-543-5001診療時間 AM/9:00~12:30 PM/14:00~18:00