直近3ヵ月間の内視鏡検査状況と、がん発見数について

コロナ禍のため、内視鏡検査数は例年に比べ2割ほど減っています。
直近3ヵ月(3~5月)の内視鏡検査では、食道がん2例、胃がん4例、大腸がん3例がみつかりました。

検査件数は減少していますが、がんの発見数は増えています。
がんは、誰にでも起こりうる身近な病気です。
症状があれば、放置せず早めにクリニックを受診し、がんの早期発見、早期治療を心がけましょう。