当院では痔を切らずに治す
 注射での内痔核治療「ALTA療法」を行っています。

排便時に脱出、痛み、出血をおこす内痔核。外来での治療が可能です。
気になる方は早めの治療を行いましょう

ALTA療法(痔核硬化療法)とは、メスで内痔核を切ることなく、ALTA薬剤を内痔核に注射し、固めて小さくして脱出と出血を改善する治療法のことです。

この硬化療法はとても治療効果が高く、手術に匹敵する治療法です。
この治療法は四段階注射法やジオンとも呼ばれています。
すべて同じ治療法です。

大腸内視鏡検査と同時に痔の治療(ALTA療法)ができます!

当院では、大腸内視鏡検査時に内痔核を発見した場合、大腸内視鏡の麻酔の効いているうちに、ALTA療法を行うこともできます。

麻酔が効いていますので、楽に治療を受けられます。