恐るべし(?)イタリアのPEG

おおいたメディカルクリニック 副院長 今里 真

 今回、私のネクタイをとめるタイバーについて、よくご指摘頂く事がございますので、その件につきまして写真をご紹介の上で述べさせて頂きます。

このタイバーは1993年に私がイタリアで入手しました。当時親交のあったイタリアの外科医・P教授と歓談後の事です。私が「日本はPEG(内視鏡的胃瘻造設術)の技術で栄養を提供できる様になった」旨、チョッピリ誇らしげにお伝えしました。するとP教授は「イタリアは古代ギリシアの有能な彫刻家や芸術家そして医師を招き繁栄した。PEGの歴史も古いのだ。」と言われるのです。米国と日本が古いのではと思い首をかしげる私をみて、彼はそこ(ローマ)の行きつけの宝飾店に私を連れて行かれました。そして写真のタイバーを指さし、「痩せた人(左・造設)の胃に内視鏡をいれて胃瘻を造るとカテーテルを付けた栄養に満ちた人(右・交換)になる。」と示したのです。

土産物屋ではなく宝飾店でしたので価格も(当時は円がリラより強かったにも関わらず)結構なものでしたが、つい購入してしまいました。通常のディスカウントが効かないプライド高いお店でもありました。私がPEGの必要な患者さんの家族に説明する際も、このタイバーをみせて解説すると「大変わかり易い。」と家族の方々も納得されます。一歩間違えると被検者をモチーフにするなど悪趣味になりますが、「神聖さ」を描出できるのはイタリアならではの技術でしょう。

毎年、PEGに関連した学会や研究会の度にこのタイバーをネクタイにつけていたのですが、多くの先生方から驚きと共感を頂いています。検索した限り、イタリアが日米より早くPEGを始めたという文献はみつかりませんでした。しかし日本にはこの様なタイバーは恐らくございません。古代ローマ帝国時代からPEGが行われていたかの様なイタリアの品格あるユーモアに感服といった所でしょうか。

両者とも内視鏡を挿入されているが、左(造設)の人に比べ、 右(交換)の人は確かに栄養状態が良く、
腹部にはカテーテル(ボタン型?)が見られる。

 

馬への優しさと人への優しさ
〜馬車の分化と駕籠(かご)・人力車の分化〜

おおいたメディカルクリニック 副院長 今里 真

この10年間で2度、医療目的でロンドンに滞在した。医療の事は省略するが最も感銘を受けたのは、「中心地に直角の交差点がない」事である(図1)。英国も日本も島国であるが、かつての移動手段は英国が馬車、日本は江戸時代が駕籠(かご)、明治から大正時代は人力車である。馬は直角に曲れないため必然的に街中は「馬に優しい」曲線で構成される(図2)。その延長にあるロンドン郊外の田園もジグゾーパズルの様相を呈する(図3)。

日本の田園は新潟県を代表に、非常に美しい碁盤の目に似た様相であり、整然とし収穫の迅速さも容易に想像できる。人も駕籠も人力車も直角に曲れる事の有り難さを改めて実感できる。勿論、日本の武士は馬に乗る訳だが、最短距離の概念か京都なども碁盤の目の町並みである。馬車あれば「馬への優しさ」が芽生えたのかも知れない。

その後、私は直角交差点のない町並みを探すことを意識する様になった。山を切り崩して造成した団地などは曲線もあるが、平地ではなかなか見つける事が出来なかった。そんな中でついに見つけたのが長崎にあるハウステンボスである。そこでは馬車が走っていたため「もしかして?」と観覧車に乗り撮影した写真が図4だ。ハウステンボスはホテルのレンガも全てオランダから運び込んだという点が有名だが、直角交差点がない「馬に優しい」町並みを再現している事は、長崎の方々に訊ねても知らなかった。

人は環境に適応するが、適応しやすい環境を同時に造っている。馬車の分化と駕籠(かご)・人力車の分化の違いが町並みまで変えている事を、適応の点で考えてみる。例えば日本では国際車いすマラソンが毎年大分県で開催されている。当然大分県はバリアフリー化が盛んとなり、公衆トイレにすら洗浄便座(ウォッシュレット、シャワートイレなど)がついている。その結果、人口あたりのトイレットペーパー使用量が日本一少ないのだ。統計とはこの様な適応から変化していく事を考えるのも面白い。

図1 ロンドン中心部のピカデリー・サーカス

図2 ロンドン中心部の全景

図3 ロンドン郊外(ウィンブルドン近く)

図4 ハウステンボス(長崎)